FC2ブログ

savor     

サボア 末松貴久の視点と制作録 

850x2400x50 扉

DSCF2449.jpg
今迄紹介していた数々の金物が付く扉です

お客さんが描いた原画を加工屋さんに渡し、
3週間目にして扉の箱曲げ(60キロぐらい)が完成、
月曜日に浦安に引き取りに行きました。
裏板のパンチング板や中フレームの角パイプを足すと
100キロ弱になります

重さって目の前にすると凄く感じる物です
(遺跡など想像して下さい)
お客さんもそれを認めて理解してくれているので
楽しく製作できました(アドレナリン出まくりでした)
でも、重いです
  1. 2009/06/18(木) 15:53:01|
  2. 加工・仕上げ その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<だれかのために | ホーム | 箱根へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://savor.blog115.fc2.com/tb.php/82-bfdde70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
QLOOKアクセス解析