savor     

サボア 末松貴久の視点と制作録 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いい言葉

数年前、妻に誘われて何回か舞踏を見に行く機会がありました。
凄く引き込まれた記憶があります。
肉体表現、 ほとんど裸、 何だこれ、 凄い、
なんか 圧倒されました。

先日フリーペーパーに麿赤兒さんのインタビューが載っていたので
紹介させてもらいます。

『大駱駝艦』
天賦典式(=この世に生まれ入ったことこそ多いなる才能とする)
をセオリーとして活動してきた。
簡単に言うと、人には必ず何か生まれ持った取り柄があるということ。

「肉体がそうです。でも、からだの大きい小さいじゃない。
見せるのは背負ってきたもの。よく人に言うんですけど、
“お前の背後には何百人という人間がいるんだ!”って。
じいちゃんがいてひいじいちゃんがいて、そういう血縁だけじゃなく
いろんなものが延々と続いて“今、お前をこうして歩かせてるんだ。
背後にあるものを背負え!”って。でも、それで変わる。
背後にあるものを意識して歩くと、前に出る力が生まれる」
“背後”は歴史と言ってもいい。
(株式会社リクルート R25 ロングインタビューより抜粋させていただきました)

いい言葉です。
最近になってやっとわかるような気がします。


スポンサーサイト
  1. 2008/02/02(土) 08:20:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。